Zenlok プレミアム

サポート

お問い合せの多い質問に
お応えいたします

製品・導入に関するお問合せ

以下1種類のメールがご契約者様に送付されます。

1.ライセンスの通知

  • 通知書
  • ご利用の手引き
  • Office 365 / Google Apps 設定ガイド

2.サポート開始のご案内

  • Zenlok カスタマーセンターお問合せ先
  • 具体的な・設定方法等のご契約ユーザ様向けサポート情報は、下記専用WEBページトよりドキュメントデータをダウンロードいただけます。

    〔ご注意〕ご契約ユーザ様向けWEBページへのログインには、IDとパスワードが必要です。予め、お手元にご準備ください。

    ご契約ユーザ様及び販売パートナー様向けサポートサイト

※Zenlok カスタマーセンターのお問合せ先、及びご契約ユーザ様及び販売パートナー様向けWEBページへのログインID&パスワードはご契約時に送付される、「通知書」及び「サポート開始のご案内メール」に記載しています。

導入時の設定・確認事項

SPFレコードの設定方法を教えてください
Zenlokと連動させるドメインのゾーンがSPFレコードを保持している場合は、SPFレコードの設定が必要です。元々SPFレコードを利用されているお客様はSPFレコードの設定をお願いします。
SPF検査の仕組みを導入している宛先にメールを送信する際に、SPFレコードの設定がない場合はメールが拒否される可能性があります。

※SPFレコードとは、「所有ドメインで送信するメールは、この送信サーバ以外では使用しません」と宣言するものです。つまり、他のメールサーバから送信された"偽装メール"を"SPFレコード"を参考に、受信サーバが受信を拒否することができるようになります。

SPFレコードの設定方法

【ドメイン】zenlok.com
include:zenlok.com   ※記入例:"v=spf1 include:zenlok.com ~all"

ZenlokASPのSourceIPは複数ございます。SPFレコードを利用する場合は、全てを追加する必要がありますのでIPアドレスではなく、ドメインでの追加を推奨させて頂いております。
ユーザ登録時のSMTPパスワード設定について
Office 365またはGoogle Apps連携で利用する場合で、Zenlok管理画面より任意のユーザ登録を行う際、SMTPパスワードを設定入力頂く必要がございます。実際、SMTPパスワードはOffice 365・Google Apps連携の場合は不要ですが、登録時にはダミーのSMTPパスワードを設定入力して頂く必要がございます。

【入力形式】
E-MailAddress,FullName,SMTPPassWord,Userlevel
※Userlevel:A(管理者)/U(一般ユーザー)

【SMTPパスワード入力例】
a@zenlokservice.co.jp,鈴木太郎,123aaaABC,A
b@zenlokservice.co.jp,鈴木二郎,123aaaABC,U
c@zenlokservice.co.jp,鈴木三郎,123aaaABC,U
WebブラウザのJavaスクリプト設定について
Zenlokサービスをご利用の際は、ブラウザの設定でJavaスクリプトを「有効化」に設定して下さい。
こちらはZenlokの仕様になり、送信者・受信者共に設定が必要となります。
Zenlokプレミアムには迷惑メール防止フィルター(スパム対策)が実装されていますか
迷惑メールの対策は行なわれておりません。Google AppsやOffice 365の設定でフィルタリングがされず受信した迷惑メールなどはそのままアーカイブされます。
MyZenlokの対応ブラウザを教えてください
Zenlokプレミアムのシステム要件 を参照ください。

MyZenlok登録・解除

MyZenlokに新規登録できません。
新規登録ができない場合は、登録フォーム項目が正しく入力されているかご確認ください。「Eメールアドレス」「Zenパス」「Zenパス確認」の入力欄の右横に [OK] と青いラベルで表示されていますか。その後、「利用規約に同意する」のチェックボックスを忘れずにクリックし、[次へ] ボタンをクリックしてください。
仮登録メールを受信し、登録完了のため指定のURLをクリックした際に「登録時に使用したブラウザではありません。」というエラーが出ました。
使用しているブラウザをご確認ください。登録が完了するまでは、必ず同じPCの同じブラウザを使用する必要があります。デフォルト設定で使用するブラウザとZenlokを登録する際に使用したブラウザが異なる場合は、このエラーメッセージが表示されます。その場合は、新規登録を申し込んだブラウザに登録確認メールのURLリンクをコピー&ペーストしてください。
仮登録メールが届きません。
Zenlokからの仮登録メールが届かない場合は、メールのフィルタリング設定の確認と、スパムメールとして迷惑メールフォルダに受信していないかご確認ください。また、メールアドレスを間違えて入力してしまった可能性もあるため、しばらく待った後に届かないようであれば、再度新規登録ページより登録を行ってください。
Zenlokサービスの登録解除はどうしたらいいですか?
Zenlok プレミアムユーザは、貴社のシステム管理者までお問合せください。
※登録解除を行うと以前受信したZenlokメールの復号化はできません。また、登録解除前にエクスポートしたキーデータ(.zpk)を使用してのログインも行えません。

管理コンソールのログイン

MyZenlokへのログインの際に必要なものは何ですか?
MyZenlokへのログインする為に、下記の3つが揃う必要があります。
ID:MyZenlok登録時に設定したメールアドレス
PW:MyZenlok登録時にユーザーが指定したZenパス(ログインパスワード)
Key:MyZenlok登録時にブラウザにインポートされる秘密鍵(ブラウザに自動的にインポートされるのでユーザ様で確認することはできません)
Zenパスとは何ですか?
Zenlokプレミアムを利用する際に必要なパスワードのことです。このZenパスを利用してMyZenlokにログインし、各機能を利用します。
※半角英数8文字以上で入力し、第3者が推測しやすいパスワードは使用しないでください。
※Zenパスを忘れるとZenlokサービスをご利用できなくなりますので、ZenパスヒントとZenパスレスキューの設定をお願いいたします。
Zenパスヒント・Zenパスレスキューの設定方法は、「Zenパスヒントとはなんですか?」、「Zenパスレスキューとはなんですか?」をご参照ください。
Zenパスヒントとはなんですか?
Zenパスヒントとは「Zenパス」を入力するためのヒントです。
[MyZenlok] > [設定] > [Zenパスヒント設定]から登録できます。
Zenパスヒント登録後、機能をご利用いただく場合は、MyZenlokログインページのZenパスを忘れた方をご利用ください。
※Zenパスを忘れるとZenlokサービスをご利用できなくなりますので、Zenパスヒントの設定をお願いいたします。
※Zenパスを変更した場合は、必ずZenパスヒントを更新してください。
SMS Zenパス レスキューとはなんですか?
SMS Zenパス レスキューとは「Zenパス」を携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)でお知らせする機能です。Zenlokのユーザ設定ページ > Zenパス設定 > SMS Zenパス レスキューで登録/変更が可能です。[サポート] > [SMS Zenパス レスキュー]よりリクエストできます。
※Zenパスを忘れるとZenlokサービスをご利用できなくなりますので、Zenパス レスキューの設定をお願いいたします。
※Zenパスを変更した場合は、SMS Zenパス レスキューも必ず更新してください。
ログインができません。
MyZenlokにご登録されていますか?未登録の場合は、新規登録ページより登録を行ってください。
Zenパスを忘れてしまいました。
Zenパスヒントの設定を行われている場合、Zenlok ログインページのZenパスを忘れた方よりリクエストいただければ、お客様にて設定を行ったZenパスの「ヒント」がメールアドレスへ送信されます。
そちらのヒントを参考にZenパスをご入力ください。
ヒントによるZenパスのご入力ができない場合、既に「SMS Zenパス レスキュー」で携帯電話番号をご登録いただいておりましたら、[サポート] > [SMS Zenパス レスキュー]より「SMS Zenパス レスキュー」を行うことで「Zenパス」を確認できます。
最終的にログイン出来ない場合は、Zenlokをご利用いただけません。恐れ入りますが、御社のZenlok管理者様もしくはZenlok カスタマーセンターへご連絡をお願いいたします。
一度登録したZenパスは変更できますか?
[MyZenlok] > [設定] > [Zenパス設定] で変更可能です。
Zenパスヒントのみを変更することは可能ですか?
[MyZenlok] > [設定] > [Zenパスヒント設定] で変更可能です。
SMS Zenパスレスキュー機能で携帯電話番号を入力しましたが、受信できません。
お手数ですが、1-2分お待ちください。それでも受信されない場合は、携帯のフィルタ設定が無効になっているかご確認後、再度SMS送信を行ってください。
※MNP(携帯電話番号ポータビリティ)等で他社から切り替えた電話番号の場合は、SMS Zenパスレスキューが受信できないことがあります。

シンクについて

「シンクする」とは何ですか?
シンクとは、登録時にユーザのプライベートキー(キーデータ)を自動的にZenlokシンクサーバに暗号化して保管することです。シンクをしておくと、別のPCやブラウザを使用した場合、また万が一ブラウザのキャッシュが消去された場合でも、設定した「Zenパス」を入力するだけで簡単にこのプライベートキーを取り出せます。
シンクを解除する場合、事前にプライベートキーをエクスポート(ブラウザから取出してバックアップ)して管理することを必ず行ってください。万が一、ブラウザのキャッシュが消去されたり、また別のPCを使用する場合などにはプライベートキーをインポートする必要があります。プライベートキーをエクスポート確認後、[ログイン] > [設定] > [暗号化設定] より [シンクを解除する] ボタンをクリックしシンクを解除してください。
シンクメールがきました。
シンクメール本文にあるURLリンクをクリックしてください。シンクページが開いた後、シンクをするメールアドレスとそのZenパスを入力してシンクします。この操作によりブラウザにシンクされZenlokのご利用が可能となります。

Zenlok メールの送信について

送信できるメールサイズ(添付ファイルを含む)に制限はありますか?
はい、制限があります。
  • Office 365/Google Apps連携の場合:1回のメール送信につき最大25MB
  • MyZenlokの大容量ファイル送信機能(Webサービス)から送信する場合:1回のメール送信につき最大2GB
Zenlokではメール1通につき25MBを上限とし設定しています。この制限は変更することはできません。
Office 365/Google Apps連携において添付ファイル付きメールを送信する場合、ファイル名に使用できる文字数に制限はありますか?
はい、制限があります。
連携メールソリューションから添付ファイル付きメールを送信する場合、添付ファイル名にご使用できる文字数は日本語で80文字以内となります。
80文字を超えた場合、添付ファイルの暗号化が正しく処理できず、メール送受信に不具合が生じる可能性があります。
パスワード付Zipファイルの送信について
通常のZipファイル(パスワードなし)であればZenlokは暗号化しますが、送信者が作成した「パスワード付きZipファイル」を添付し、Zenlok送信した場合、Zenlokではそのファイルの暗号化処理をしません。但し、「パスワード付きZipファイル」以外に添付ファイルがある場合は、他の添付ファイルのみを Zenlokは暗号化して送信します。
Office 365からメールを送信する際にwinmail.datが添付されます。どうしたら消去できますか?
Office 365ユーザが外部にメールを送信する際にwinmail.datのファイルが添付されます。詳しくは、こちら(http://support.microsoft.com/kb/2487954/ja)を参照ください。

Zenlok メールの受信について

Zenlokメールが届きました。どうやって開きますか?
受信者側はZenlokサービスに未登録であっても受信するZenlok暗号化メールを復号化(開封)できます。受信したZenlokメールの本文にあるURLリンクをクリックしてメールを復号化(開封)してください。ただし、送信者がフィルタ機能の「新規登録を必須とする宛先」を設定した場合は、受信者は暗号化メールを復号化(開封)する前に、登録が必要となります。受信したメールの本文にあるURLリンクをクリックして新規登録ページが開いた場合、ページの指示に従い登録を完了してください。登録完了後、ファイルを復号化するためのパスワードを取得できるページ、または、ファイルをダウンロードできるダウンロードページに遷移します。もし、「復号化パスワード」が表示された場合は、[コピー]ボタンをクリックし、受信したZenlokメールの添付ファイルをそのパスワードを使用して復号化(開封)してください。もしダウンロード画面が表示された場合は、該当するファイルを選択し、ローカルにダウンロードしてください。
受信したZenlokメールに[filename.txt]が添付されています。これは何ですか?
添付ファイルのURL暗号化送信する際、[filename.txt]ファイルが付与されます。これは受信者の受信箱やアーカイブ検索ページにおいて、添付ファイルの有無を確認するために付与しています。
ZenパスとZipを復号化するパスワードは、同じパスワードを使うのですか?
いいえ、同じパスワードではありません。「Zenパス」は、Zenlokサービスを使用するために必要なパスワードです。また、Zenlokメールの復号化(解凍)を行うために必要なキーデータを取得するためのパスワードとなります。この「Zenパス」は、登録したアカウントとセットとなりますので、くれぐれも忘れないように管理してください。「Zip復号化用パスワード」は、送信者が「ZIP送信」にてメールを送信する際に送付する「Zipファイル」を受信者が復号化(解凍)する際に必要となるパスワードです。この「Zip復号化用パスワード」は送信者がリコール(取り消し)処理しない限り、何度でもアクセス可能なため、覚えたり控えたりする必要はありません。また、Zenlok に登録済みユーザが受信したZenlok メールを第3者に転送する場合は、本来の受信者のキーデータで暗号化されているので、第3者はそのZipファイルを復号化することはできません。
Zipファイルを復号化(解凍)できません。
パスワード付きZipファイル対応の「Zip解凍ソフトウェア」をお持ちですか。お持ちで無い場合は、任意でお持ちのPCへダウンロード/インストールしてお使いください。
※ソフトウェアのダウンロード/インストールに関してはお客様の責任の元で行ってください。
また、復号化(解凍)しようとしている「Zipファイル」と復号化するための「Zip復号化用パスワード」は同じメールから取得しているか確認してください。
MyZenlokの登録はできたのですが、復号化ができません。(新規無料登録ページが開く)
受信したメールアドレスと、MyZenlokで登録したメールアドレスが一致しているかご確認ください。
Mac OSを利用していますが、「テキストエンコーディング 日本語(Mac OS)には対応していません」とエラー表示されました。どうしてですか?
テキストファイルを開封(復号化)する際に生じた「エンコードエラー」の場合、下記の対策が必要とされます。
  • 1)ブラウザでファイルを開く(閲覧のみ)
    ※ただし文字化け等が発生した場合、ブラウザの表示機能内のエンコーディング設定で「Unicode(UTF-8)」を選択してください。
  • 2)エディタでファイルを開く(書き込み可)
    書き込み可能の状態でファイルを開くには、エディタが必要となります。
上記 1)と同様に、Mac搭載のテキストエディットを起動後、環境設定 > 開く/保存 > 標準テキストファイルのエンコーディング > ファイルを開くとき:の設定で 「自動」でも開けない場合は、「Unicode(UTF-8)」を選択してください。すると、ファイルのダブルクリックで開けるようになります。
※Mac標準のエディタツールの環境設定を変更する事になりますので、お気をつけください。
メール本文及び添付ファイルの文字化けについて
Zenlokを経由してメールが送信された際、受信メールの本文や添付ファイルが、文字化けしてしまう事があります。これはZenlokのサーバで暗号化処理をメール本文または、添付ファイルに施した際に、Zenlokのサポートする文字コードに記載がない文字を使用していた場合に文字化けが発生することが確認されております。

[Zenlokがサポートする文字コード]
・メール本文:UTF-8
・添付ファイル:JIS X 0208
※Zenlokで暗号化しない場合は、添付ファイルの文字コードは関係ありません。

メールアーカイブについて

メールがアーカイブされません
メールがアーカイブされない場合は、つぎの点をご確認下さい。
・Zenlok Office 365 / Google Apps 設定ガイドの通りに設定をされているかご確認下さい。
・何らかの理由でメールが配信されていない場合がございます。通常、配信不能レポート(NDR「Non Delivery Receipt)でご確認いただけます。NDRが配信されていない場合、NDR配送ドメインが、Zenlokでリレー許可しているドメインかご確認下さい。もし、リレー許可がされていない場合は追加ドメイン申請をお願いします。

上記、確認で症状が改善されない場合、アーカイブの状況(時間帯に依ってされない。または、送信者アドレスによってされない等)をご確認の上、アーカイブされないメールのメッセージID・メールヘッダ情報を添えてZenlok カスタマーセンターまでご連絡お願いします。
アーカイブ検索で作成したアーカイブデータログファイル(archive_log.csv)をExcelで開くと文字化けが生じます。どうしたらいいですか?
Zenlokが作成するファイル(.csv)のファイルエンコーディングは「UTF-8」です。ただし、日本語環境のExcelは「UTF-8」を変換せず、「Shift-JIS」 としてファイルを開きます。そのため、ファイル内の日本語文字コードが文字化けして表示されます。
※詳細は「Zenlok ご利用の手引き」(マニュアル)を参照ください。

【Windows環境のユーザ】
Microsoft Excelを開き、ダウンロードしたアーカイブデータログファイル(csv)をインポート(外部データの取り込み)します。
「テキストファイルウィザード」が起動後、エンコードを「UTF-8」を選択し開封します。
※「カンマ区切り」を選択すると項目ごとに表示します。

【Mac環境のユーザ】
テキストエディタにて開き、デスクトップのメニュー「ファイル」をクリックし、「別名で保存」を選択します。その際にエンコードを「日本語(Shift JIS X0213)」を選択してCSVファイルとして保存します。マウスを右クリックして保存したCSVファイルを開封します。

その他ご質問について

利用ドメインの追加について
ドメインの追加が必要な場合は、Zenlokサポートセンターへご連絡をお願いします。
お手続き方法をご案内いたします。
メールの遅延・未着に関するお問い合わせ
該当メールのメッセージID・メールヘッダ情報を添えてZenlok カスタマーセンターまでご連絡お願いします。